活動報告

春の京都懇親会

活動報告

 平成30年5月26日(土)、今年も早や初夏を迎えた京都かごの屋で19名が集い和やかに懇親会を行なった。
 
 始めにこの度会長になった水上会長から「これからも皆さんと楽しいひと時を持てるよう私なりに頑張りますので今まで以上によろしくお願いいたします。」と挨拶があった。
 
 続いて中田前会長より「15年の間には発会50周年記念行事を京都で行なったことがこの間のように思い出します。これからも楽しい会として続きますよう願っております」と挨拶があった。
 
 恒例により名古屋からの山岸さんが「この会に出席することを楽しみにしており、自分のためと思っております。これからもよろしくお願いいたします。」と挨拶があって乾杯。食べ放題・飲み放題とあって肉のしゃぶしゃぶ、お寿司などがどんどん運ばれ、会場は一気に盛り上がっていく。渡邊さん、角野さんも元気に近況を話し、浅井副会長から、「今年は65周年となりますので一人でも多くの方が来てもらえるような懇親会を行いたいと思っております。その節はよろしくご協力をお願いいたします。」と話があった。
 
 次に紹介されたのが今秋デビュー予定の作詩家・幡敦(はたあつし本名松本和夫)さん。乞う、ご期待!です。会場は大盛り上がりとなった。
 
 時は瞬く間に過ぎて予定の時間となった。京都は観光名所が一杯、見物に行く人とも別れて帰路についた。

 
(さらに詳細は「会報つるが」第285号をご覧ください。)
 

春の京都懇親会春の京都懇親会春の京都懇親会春の京都懇親会

第65回総会と新年懇親会

活動報告

第65回総会と新年懇親会

 

 平成30年1月27日(土)大阪第一ホテル6Fモーナークにて、第65回総会と新年懇親会を行なった。

 

 定刻となり柴田副会長の司会で総会を開始。中田会長より今年も皆さん仲良く楽しくお会いしましょうと挨拶。浅井副会長より行事報告等については後日書類でお知らせすること、気比神宮大鳥居修繕工事に対する奉賛金のお礼と同工事が無事終了した写真入りのカレンダーについて説明があって総会は終了した。
 
 来賓の方々は40数年ぶりの寒波大雪のため到着が遅れているとのことで、出席者で記念撮影を行なった。間もなく来賓の方々が無事到着、早速懇親会に入った。まず中田会長のあいさつがあり、続いて渕上市長のあいさつのあと本日出席の来賓の方々が紹介され、珍しい東浦みかんビールで乾杯した。
 
 つづいて原市議会議長ほかご来賓の方々よりのご祝辞があり、大成機工株式会社矢野隆司会長より昨年6月に亡くなった雅歳顧問に対するお礼の言葉があった。
 
 懇親会ではお互い次々と話をしていくうちにふる里の思い出が甦り、いつの間にか敦賀弁で話が弾んでいく。今回はカラオケとなり、浅井副会長が「九頭竜川」の一部を木の芽川、黒河川、笙の川と唄って大拍手。馬路豊さんは「千の風になって」を歌った。くじ引きが始まり番号が合いハイと手を挙げてえびす顔。
 
 楽しい時間が瞬くうちに過ぎていく。高橋副会長の発声でふるさと敦賀の益々の発展と、皆様方のご健勝を祈念して一同万歳を三唱して終了した。帰りにふる里の匂いがいっぱいのお土産を頂いた。
 
(さらに詳細は「会報つるが」第284号をご覧ください。)
 

第65回総会と新年懇親会第65回総会と新年懇親会第65回総会と新年懇親会第65回総会と新年懇親会第65回総会と新年懇親会第65回総会と新年懇親会第65回総会と新年懇親会第65回総会と新年懇親会

新しい記事 »

copyright(C) 関西敦賀交流会 all right reserved.